menu
機能と目的で比較!おすすめ歯科予約システムまとめ » 歯科が予約システムを入れる5つのメリット » 5.患者データの見える化

5.患者データの見える化

歯科予約システムで患者管理が容易に

歯科予約システムを導入することで、患者管理がしやすくなるというメリットがあります。予約管理はもちろん、疾患の症状や来院履歴、患者の性格や特徴など、院長やスタッフが記録も閲覧も容易にできますので、一人ひとりに適した接遇がしやすくなります。

こうしたデータを見ながら、例えばオーラルケア製品を提案したり、患者の生活にあった予約時間の提案をしたりすることも可能。サービス面での向上も期待できます。また、キャンセル数を減らすための施策を練るにも、歯科予約システムのさまざまなデータが活きてくるでしょう。

例えば、キャンセルの多い患者にはメールなどで予約確認のリマインドを強化する、診療内容ごとに連絡手段を変えるなど、キャンセル要因を分析しながら来院につなげるための施策を考える手段にも使えます。

このように初診からの経過、中断までの流れなどを一つひとつ分析していくことで、キャンセル対策やリコール率のアップにも貢献するのです。

予約システムには経営面でのメリットもある

歯科予約システムは、紙の管理では見えないクリニックの経営を可視化してくれる点においても優れています。

例えば、レセコンと連動して統計分析してくれる機能の付いたシステムであれば、医院の稼働状況など経営改善の助けとなるデータが容易に分析できるようになります。入力業務や計算なども自動で行ってくれますから、事務業務を減らすことにもつながるでしょう。

システムによっては経営課題も抽出できる

システムによっては、患者一人あたりの保険点数や診療単価を、治療メニュー別に割り出すことも可能です。また、月ごとの全体売上データをグラフで示せるほか、自費診療と保険診療別の売上、担当医師別の売上など細分化して示してくれるものもあります。

多様なデータからクリニックの経営状況を可視化でき、それをもとに課題を抽出し対策を練ることにより、これからの経営戦略の立案にも大きく役立てることが可能になるのです。

このページのまとめ

  1. 歯科予約システムには、患者管理のサポート機能が多数
  2. 患者の治療状況を共有し、対策が立てられる
  3. 医院の統計データが経営改善に役立つ

いかがでしたでしょうか。歯科予約システムには、クリニックの統計情報をまとめて経営改善のヒントになる情報を提供してくれます。このサイトではそんな機能が搭載された歯科予約システムを早見表にまとめていますので、ぜひご覧になってみてください。

歯科予約システム機能比較表で
自分に合ったシステムを探す!

目的別に選ぶおすすめ歯科予約システム
Apotool&Box
経営課題を自動抽出
集客効果もあるシステム
Dentamap plus
予約管理だけに絞った
特化型予約システム
Apotool&Box
経営課題を自動抽出
集客効果もあるシステム
DentNet
豊富な導入実績
安心の業界大手システム