menu
機能と目的で比較!おすすめ歯科予約システムまとめ » 歯科が予約システムを入れる5つのメリット » 1.キャンセル対策

1.キャンセル対策

患者管理の徹底でキャンセル対策につなげる

クリニックで歯科予約システムを導入するメリットのひとつに「どの患者がいつ来院するか把握する」といった「患者情報の管理」があります。このページでは、歯科予約システムの患者管理機能について分析していきます。

患者台帳での管理には限界がある

今まではノートやエクセルなどで患者情報を管理していたという歯科クリニックは多いかと思います。こうした管理方法だと、特定のスタッフに任せきりになる傾向が強くなり、例えば患者から予約変更の連絡があってもすぐに対応できないなど、スタッフ全員が情報共有しづらいというデメリットもあります。

歯科予約システムで効率化&キャンセル対策

歯科予約システムを導入することで、予約管理をはじめ患者のさまざまな情報をスタッフ全員が共有できるようになります。予約受付や変更などにもスムーズに対応でき、来院機会の損失対策、つまりキャンセル対策にもつながるわけです。

また歯科予約システムだと、紙の管理では見えなかった「患者ごとの遅刻やキャンセル履歴」も見えてきます。例えば、遅刻の多い患者がいた場合、時間が早すぎるなら次の予約からは時間変更するなど、患者に寄り添った対応がしやすくなります。こうした対応がクリニックの評判を良くし、新規の患者を呼び込むことにも寄与するわけです。

リマインド機能もキャンセル対策に貢献

歯科予約システムのなかには、自動リマインド機能がついている予約システムもあります。自動リマインド機能とは、患者に「明日の〇時に歯科で受診してください」といった予約確認のメール(リマインドメール)を自動で送信してくれる機能です。

予約しているという認識を促すとともに、予約したことを忘れていたという「うっかり忘れ」の対策になり、キャンセル対策にもつながります。また、予約日時に急な用件が入って行けないという場合でも、患者はネット上で予約変更ができるので、無断キャンセルを防ぐ効果も。

このページのまとめ

  1. 歯科予約システムは予約患者の取り逃がしを防ぐ
  2. 患者にとっても利便性が高い
  3. 受付がスムーズになり効率アップ
  4. ドタキャンやうっかり忘れを防止

いかがでしたでしょうか。このサイトでは、おすすめの歯科予約システムを数多くまとめています。ぜひご覧になってみてください。

歯科予約システム機能比較表で
自分に合ったシステムを探す!

目的別に選ぶおすすめ歯科予約システム
Apotool&Box
経営課題を自動抽出
集客効果もあるシステム
Dentamap plus
予約管理だけに絞った
特化型予約システム
Apotool&Box
経営課題を自動抽出
集客効果もあるシステム
DentNet
豊富な導入実績
安心の業界大手システム